【連載】見附市移住

【連載】新潟おやこぐらし編集長、見附市に移住します!①

 

編集長
新潟の地域メディア新潟おやこぐらしです。

現在は上越市で暮らしている編集長ですが、来年4月を目処に新潟県見附市に家族で移住しようかと考えています。

そこで、新潟おやこぐらしでは連載企画として、準備から移住までの道のりをお伝えします。

県内移住と言ってもやるべきことはなかなか多くて大変!

ぜひ見附市移住までの道のりを見届けてくれればと思っています!

 

移住の理由

 

編集長はシングルで子供を育ててきましたが、ご縁に恵まれ、このたび再婚することになりました。

夫となるパートナーが見附市在住のため、私と子供たち(現在10歳と6歳)が見附に引っ越すことになり、移住計画がスタートしました!

 

 

また、子どもたちも移住に前向きなこと、私自身パソコン1台があれば仕事ができるということが大きな理由です。

市のホームページを見ると健康と教育に力を入れている印象があり、暮らしやすさも感じました。

ちなみに私は持病があり車の運転ができません。

市の主要な機関がまとまっているコンパクトシティということと、市内循環バスが充実している&今年の夏から中学生以下が無料になるということはとても魅力的です!

 

移住準備① 〜情報収集〜

 

県内とはいえ、仕事などでなかなか現地に見学しに行けない生活の私達。

そこで、まずは電話で市の地域経済課の方に相談をすることに。

すると、早速、必要情報のURLを送ってくださったり、概要冊子・移住ガイドブックを郵送してくれました。

私は住宅関係の仕事をしていたので、自然災害が気になります。

そこで、ハザードマップもリクエストしたらこちらも送ってくれましたよ。

手元に情報があるのは大きな安心感。ぜひ移住を考えている方は気になることは担当の方にどんどん聞いちゃいましょう!

私が聞いた情報は以下の通り↓

  • 小児科情報
  • 賃貸情報
  • 補助金関係
  • 子育て情報

 

編集長
ネットで調べるのも効果的ですが、情報が古かったりするので気をつけましょうね。

 

移住準備② 情報収集〜現地視察〜

見附に来たらイングリッシュガーデンがおすすめ!

 

私は見附市には何回か遊びに行っていて、大きめのスーパーや遊ぶ場所は確認済み。

ですが、子どもたちの心理負担を減らすために、小学校も一度は見学したいと思っています。

ただし、小学校見学は平日のため、現在は日程調整中です。

編集長
小学校見学に行けたら続報をお伝えしますね。

 

移住準備③ 断捨離

これからが大変だなぁと思っているのは断捨離です。

子どもと暮らしているととにかく物が増えていく…!

本やおもちゃの整理から、「絶対持っていきたい」と思うものの選定まで。

こちらはまだまだ時間がかかりそうです。

編集長
不用品はメルカリで出品していたり、リサイクルショップで売ったりしています。

 

ここまでのまとめ

今回は、「【連載】新潟おやこぐらし編集長、見附市に移住します!①」という内容でお送りしました。

上越市暮らしが長い編集長にとって、見附市は同じ県内でも市の政策などが違っていてびっくりすることもたびたびあります。

移住の手順として、

情報収集をしながら心構え→断捨離などで身の回りを整える→移住先に必要なものをリストアップ・購入→引越し準備

と考えています。

県内移住の経験がある方、一家で引っ越ししたよ!という方からアドバイスがいただけると嬉しいです。

「【連載】新潟おやこぐらし編集長、見附市に移住します!②」へ続く

※記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

新潟おやこぐらしでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アイコン

新潟おやこぐらし編集部

新潟おやこぐらしは新潟から発信している地域と育児情報のwebメディアです。編集長は上越市在住。Web制作・ECサイト制作など、お仕事のご依頼はお問い合わせより承ります。詳しいプロフィール

-【連載】見附市移住
-移住

Copyright© 新潟おやこぐらし , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.